FC2ブログ

「アイヌ」は絶対に先住民(=北海道縄文人)ではない!

「アイヌ」は絶対に先住民(=北海道縄文人)ではない!
【根拠1アイヌが縄文文化を継いでいない】
①漆(うるし)は日本を代表する工芸文化だが、世界最古の漆製品は約9000年前の函館出土のものを始めとして、北海道中の縄文遺跡から出るにもかかわらず、アイヌは漆の技術を持たない(北海道アイヌ文化センター)。
②北海道の縄文遺跡からは帯広で10000年以上前の日本で最古級のものを始めとした本州と様式がつながる一級品の縄文土器が膨大な数(遺物数十万点)が出土するが、アイヌはその土器文化を継いでいない。
【根拠2 北海道で出土した縄文時代人骨の遺伝子が西日本人と同じでアイヌのものではない】
①「礼文島 船泊遺跡」は縄文時代中期~後期(約5500年前~約3500年前)の日本列島最北端の縄文貝玉作りの村で新潟縣糸魚川産のヒスイ大珠も出土した交易センターであったが、そこで出土した人骨の遺伝子を国立科学博物館人類研究部の神澤秀明研究員がゲノム解析するとY染色体ハプログループではD1a2b1(D-CTS220)が検出された。
それはアイヌのとは違う本州の日本人のものと同じであった。
②近年遺伝子の全ゲノム解析が可能となり、同じ神澤秀明研究員が、現代青森県人の全ゲノムを解析したところ、驚くべきことに、その縄文基因の遺伝子としては「東縄文人(=アイヌ)」のものが無く、「西縄文人(沖縄・本州人が共有するもの)」があったというのである。
 縄文時代を通して、北海道と東北は同じ文化圏であったから、その時の縄文人がもしもアイヌ人であったとしたら、現代の青森県人の全ゲノム解析に検出されないというのはほとんどあり得ない。
【考察】
①合理的に考えれば、一万年前から千数百年前まで北海道には本州と親縁関係の縄文人が住んでいて、その頃アイヌは少数北海道に居たか、千島列島か樺太等に居たとするしかない。
②百歩譲って北海道の縄文文化は本州系縄文人とアイヌの両方が担っていたと考えると、自然に「アイヌは先住民ではない」ことになる。
③北海道の縄文人のほとんどは、親戚である本州東北の縄文人が縄文文化を捨て稲作文化に変わる時、農地開墾、集約農業作業のために東北へ移住したと考えられる。
④アイヌ人は縄文人が稲作農民になるために東北へ南下移住した後に、北海道へ侵入したと考えられる。
【結論】
 遺物の発掘状況、人骨の遺伝子解析、アイヌ文化と縄文文化の違いを総合して考察すると一万年以上前から本州の縄文人が北海道の縄文文化を主導したのは明らかである。
 したがって、現代アイヌ人が「先住民」であるとするのは間違っている。
 アイヌ人は、縄文人が本州へ南遷したあと北海道へ侵入したが、むしろ暴力でそれを助長させたという可能性を考えなければならないかもしれない。
以上です。
スポンサーサイト



中村哲は日本人の良さを体現した運命の人でした、

アフガンで亡くなった中村哲氏について、左翼・保守の政治的立場からの理解が残ってしまうおそれがあるので、指摘されない部分を、ペシャワール会の公式な会報や映像などから私が紹介し、公正な中村像の理解形成へ益したいと思います。

1.【自己の政治信条への中村氏の人道支援利用とその影響】
①数年前放映されたテレビドキュメンタリー番組は、何故か直接事業とは関係のない911のニューヨークの貿易センタービルのテロのショッキングな映像から始まる。続いてアフガンの苦しむ民衆の姿が描かれ、そして次に中村氏の人道支援の話が始まるというように、見事に、中村氏の活動が、反米、反戦、ひいては反自民党活動の一環であるかのように洗脳する、明らかな政治的プロパガンダでした。
②中村氏の人道支援を金銭的・人的に大きく支えてきたのが多数の共産党系市民団体を含む広範なリベラル系個人・団体の勢力でしたが、彼等左翼系人士やマスコミは、ことさらに氏の功績と米軍の進駐を対比させることで、日本の政局を結び付けようとし、本当の中村氏の姿とはズレた評論、報道をしてきました。
③保守側の一部も、その論点の乗っかってしまい中村氏を批判している面があるので、左右共に問題の本質を逃してしまっている状況がある。
2.【中村氏の活動の目的】
①中村氏はテレビ番組などで「私のアフガン支援は、平和活動ではなく医療の延長です。結果として管轄地では犯罪が少なく比較的平和になっているというのはあります。」と何度も公言し書いてているように、彼のアフガン支援自身は、政治活動・平和活動ではなく、「生命と水」をテーマに掲げた人道的医者による人命救助の行為である。
②彼はアフガニスタンで、政治活動、平和活動や、それに類する発言をした事実はない。むしろそれの無効性・逆効果を何回も表明している。
3.【左翼リベラル系支援者たちと中村氏の現状認識・思想の違い】
①彼の左翼リベラル支持者は、「アメリカ軍の侵攻」から物語を始めるのに対し、彼は「ソ連軍の侵攻」とそれによる「伝統文化宗教否定の近代化」とそれに対するアフガン各民族の抵抗戦争がアフガニスタンの社会・自然を徹底的に破壊したことから説き始める。それから「米軍進駐」「対タリバン戦闘」「大干ばつ」が、状況を絶望的なところまで悪化させたとする。
②状況記述で中村はソ連が「侵攻」したのに対し米軍は「進駐」と書き、明確に侵略と懲罰的支援的戦闘とを書き分けている。
4.【社会主義・西欧民主主義価値観の押し付けに反対し、民族固有の信仰・文化など「心」の価値の継続を重視】
①中村は自身がキリスト教徒なのにもかかわらず、直接支援とは関係ない立派なモスクを自分の作業地に会の資金・材料で建設した。彼は「ソ連侵攻、アメリカ進駐後、イスラム教徒でいることが罪であるかのような風潮が広がり皆が自信を失っていた。だから皆が少しでも元気になればと思い一肌脱いだ。」とその動機を述べた。
②彼はペシャワール会会報の最新号(141号)に「用水路と女性たち」と題し記事を掲載している。
記事は冒頭,日頃から「報告に女性が登場しない」と多くの支持者(左翼系の男女同権論者たちだろう)から批判されるのに答えている。※実際に映像や写真に登場する、彼の建設したモスク併設の学校で学ぶ生徒は男の子だし、
彼は「米軍の進駐後、性差別問題がさかんに議論され女性の地位向上、女子児童の就学率、職業が問題にされ「イスラムの後進性」として盛んに攻撃されたが、彼はそれらとは一線を画し、米ソによる「物心両面における近代化」には同調できず、イスラム教などの言葉などで外圧ではない方法で女性問題を語るべきだと書いている。
 女性たちが、それら外国勢力の女性解放運動には反応しない一方で、中村氏の行う用水路建設を誰よりも支持したのが女性たちである。何故なら用水路こそが彼女たちの悩みである、毎日の遠路往復の水くみの重労働、家族・子供たちの感染症、食糧不足の飢えから彼女らを解放するからだ。
と語りジェンダーフリーがアフガンでは全く無効であるだけでなく彼の人道支援の生涯になることについて理解を求めている。
③いわゆる「お花畑」的心理状態にある彼の支援者たちが、中村の事業の成果である「子供たちの笑顔を見たい」「緑化し復興した大地を見たい」「中村さんや子供たちに贈り物を直接届けたい」から、現地に行きたいという申し出が多かったが、中村哲氏は「貴方方が来られると、その安全の確保、接待の為に現地スタッフの全てがかかりきりになり、事業がストップしますので来ないでください。」と明確に断り、かなり早い時期から「お花畑」的感覚を捨てるよう求めていた。
5.【中村氏のリベラル性、保守性と、任侠道的義侠心】
※中村氏は憲法九条支持論者で同時に伝統支持の宗教者でしたが、それは彼がなした事業の本質的意義とは関係がないと思います。
①中村は「9条があるから自分たちは、アフガンで人道支援ができる。だから9条を手放すのは損だ」と述べている。
これは、局地的で近視眼的ではあるが、自衛隊が米軍と共にタリバンを攻撃して居たら、中村らはとっくに殺されていたのは事実だから、観念的でない体験的リベラル思想を持っていたといえる。
②中村は、用水路の工事では、アフガンの民衆が自分で継続してできるように日本古来の築堤工法である竹籠を改良した鉄線の網に石をいれる技法を採用した。また用水路取水口では江戸時代の筑後川の工法を採用し成功している。
③中村は、人々がイスラム教徒であることが悪い事であるかのような風潮の中で自信を無くしているのを見て、モスクを建てたが、そのデザインを本来のイスラムの教義にのっとって簡素にしたり、政府要人も出席した完工式典で「アーメン」といったように、宗教と伝統と人の心を重視した、まさに保守人士でもあった。
④中村哲は、芥川賞作家で「麦と兵隊」「花と龍」の著者である火野葦平・本名・玉井勝則の甥である。祖父母(玉井金五郎とマン)は「花と龍」の主人公で、北九州の若松で荒くれ者の沖仲士を束ね「切った、張った」の世界に生きた有名な義侠人です。中村氏の母親(金吾郎の次女秀子)は親に結婚を反対され駆け落ちしたが肩口には「勉(夫の名)命」と彫っていた一途な女性だった。中村は「うちの家系には一途な人が多い」と言っていたが、中村自身もそれを継いだ一途な人であった。
6.【私の見る中村の人間像】
中村哲の心の奥底にあるのは、祖父母の玉井金五郎とマン、母の秀子から受け継いだ、弱気を助け強きをくじくためなら命をも捨てる一種狂気を伴うほど強烈な義侠心、悪しき権力に媚びず虐げられた民衆の側に立つ正義感であった。
その血脈が、中村哲という体を通して、現代という時代とアフガニスタンという場所に於て開いたのが、彼の医療支援、井戸掘り、用水路建設であた。
7.【結論】
 以上を総合すると、中村哲を政治思想から見るのは最も皮相的な見方であり意味はない。少し深めるならば医者として人道主義であり、更に深く見るならば、北九州という風土で育った強烈な義侠心こそが、中村哲の精神の確信であったといえる。

 更に更に深く見るならば、これは中村自身がおそらく感じていたことだと思うが、玉井金五郎とマンの義侠心を継ぐ医者である自分が、最も困難な状況にあるアフガニスタンの難民や飢餓に苦しむ人々に、「神」の差配により呼ばれ、そこで彼等のための事業をしたということなのでしょう。

 ですから、彼のことはナンガルハル州やガンベリ砂漠では伝説となるでしょう。

以上溝口墨道が書きました。
プロフィール

bokudoart

Author:bokudoart
 幼少より絵を描く事、中国や北方・中央アジアの歴史が大好きであった。大学を卒業し会社勤めのあと中国の美大で水墨人物画を専攻し美術史専攻の大学院にも進み中国の古文献読破に数年間没頭した。以来、約二十年画家・美術団体代表として活動中。中国での生活で、今後の世界における日本の果たすべき歴史的役割を明確に知った。
 1万年以上途切れることなく続いた縄文文化に根差した日本という国の文化の素晴らしさを日本人は自覚し世界にそれを広めなければならない。青学大卒、南京芸大院修

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる