FC2ブログ

今の中国が歴史上最低

中国社会は進歩するどころか退歩しており、今が歴史的に最低である。
日本人が中国人と言論戦する場合、大前提として、その概略を知っていれば言論戦は随分と優位に進む。
以下、概説する。
●二千五百年前の春秋戦国時代、黄河・揚子江流域では大小さまざま多様な国が栄え、自由な気風のもとで無数の思想団体・学塾が生まれ、自由に討論し、現実社会への貢献を競っていたし、一般市民・農民でも貴族に国家の大計を言い、家臣が主君に反対することもできた。
●ところが、秦始皇帝の征服統一により、法家・道家の他はほぼ滅び言論、結社、移動の自由が大きく制限され、上意下達が決まりとなり、続く漢代で孔子の教えと関係ない歴史記述を経典とした「儒教」が国家支配の道具として創作された以降、自由の思想創出の気風は完全に衰退した。
●次の魏晋末の異民族の大侵入により漢民族はほぼ滅亡し貴族と富裕層は揚子江地域へ南遷した。一方、無教養で哲学をもたない北方民族の支配下の中国北部では、むしろ思想的に白紙状態の自由となり、西域文化、仏教等が広まり生き生きとした文化が隆盛した。
●鮮卑貴族が建国した唐では、南朝の漢民族の文化・哲学と北朝の北方民族の元気で大胆な文化が融合し開放的な社会が花開いた。外国人の官僚も多く、「長恨歌」など帝室を風刺した作品も創作できた。
●宋朝になり唐より漢回帰が深まり、陰湿な党争、朱子学などの偏狭な哲学が起こり、遼の北京地域占領、女真の侵入による漢民族の二度目の大南遷により、狂信的な「滅私奉公」「忠君愛国」思想による領土奪還運動も主張された。
●モンゴルの征服により、魏晋末と北宋末の二度の異民族征服後も生き残っていた殷周秦漢以来の漢民族の精神文化は完全に滅んだ。そのモンゴル征服時代は、現在の中国社会でも直視、客観視の出来ない「盲点」になっている。
藝術作品等のスタイルの完全な変化からも、民族性の大変換、滅亡が明確に分かる。
●明はモンゴル人を北に追い払い、漢民族文化・精神の復古・回帰を目標に国家を建設したが、言語・衣服・建築などは復古できたが、精神はついに最後まで回帰する事は出来なかった。
明ではモンゴル、女真の粗暴さと漢民族の欲の深さ、陰湿、閉鎖の悪い所のみが際立ってしまい、言論の自由の全くない独裁体制下の軍国主義国家で宦官の横暴、党争に明け暮れる社会が最後まで続いた。
文化面でも北宋のレベルへは最後まで遥かに及ばなかった。結局自ら満州人を引きいれ崩壊した。
●引き入れられるようにして清朝を建国した満州人は漢民族と違い、公平、勇敢、自由の気風を持っていたので少数で大勢の漢民族を支配することに成功し、更にモンゴル、ウイグル、チベットの信頼も得て版図に加えることができた。
初期はロシアを撃退したほど活力があり強かった清朝であったが、末期には漢民族化し、前の漢民族王朝と同じ陋習を繰り返し衰退した。
●孫文らは「漢民族復古」「近代化・民主化」の二つが基本的なスローガンにより清朝を倒し革命をし、民衆や知識人は希望をもって様々な活動を開始した。ところが、それらの試みは、時代を経るごとに、良い面が減り悪い面のみが増幅し残るようになり現在に至っている。
・いわゆる封建時代、言論は完全統制下にあり、歴史は勝者の創作、文学も権力の称賛、宗教・哲学も国定が原則であった。
 しかし、封建地主→共産党幹部、儒教→共産主義、二十四史→社会主義史観に入れ変わっただけで言論・結社・信仰・政治思想の自由が得られたのではなく全く進歩していない。
 それどころか、明らかに漢代、唐代、宋代に比べて、退歩している。
中国共産党は天安門事件以降、上海閥を中心として、「共産主義・社会主義」を彼等の独裁支配体制延命のために、以前の「儒教」と同じように利用することを決心し、漢民族本来の、底なしの物質的欲望、陰湿陰険、果てしない党争を完全に取り戻し、道徳なき利益集団となってしまった。
共産党中央幹部の蓄財は数兆円に及び、有名女優、テレビ女子アナウンサーは彼等とベッドを共にしなければならず、全国又は地方の警察、司法、企業、政府の全てが彼等の法によらない封建的支配の道具であり、思想監獄の存在など、過去の漢民族の悪習が集大成され民衆が奴隷状態にされている。
●従って今が中国の最低であり、精神的な改革がなされない限り、これからさらに最低が更新されていくのみなのは明確である。
以上。
スポンサーサイト

利他の大精神で、東京大空襲、原爆投下の日本人庶民大虐殺の非を説くべきである

母親から、東京大空襲の経験は少し聞いてきた。
 本当に恐るべき大虐殺で、若い男性が殆ど不在で、婦女子・老人が木の家に住む庶民居住区の下町に、焼殺し用の焼夷弾をばらまき1夜で10万人以上を殺したのは、広島、長崎への原爆の死者30万人と合わせて、人類史に残る卑劣な大犯罪だ。
 全ては白人優位・有色人種劣位思想のもとでの白人の西進によるアメリカ大陸征服、ハワイ征服、太平洋制覇の帰結としての日本人大虐殺であった。
 シャイアン、スー族など奴隷になる事を拒否し自由・独立を守るため白人に反抗した勇敢で善意に満ちた有色人種を大虐殺し、その精神を砕き、自虐させ民族を消滅させた悪行と全く同じことだ。
 彼らは、自己の欲望達成のための野蛮な虐殺犯罪を隠すため、逆に白人の頭をはぐ野蛮なインディアンという嘘を流布したのと全く同じく野蛮な日本人という嘘を広めてた。
 その白人たちの側に立ちアジア人を裏切ったのが中国だ。勿論中国にもアメリカにも特に庶民にはまともな人も多くいたがいかんせん無力であった。
 我々は、先人が白人の世界侵略に勇敢に立ち向かい、結果として大虐殺された事実を直視し、それを恨みつらみで訴え報復するのではなく、堂々たる、利他の大精神のもとに、受けた痛み、相手の非を述べ、相手の良心を引き出し、改心へと善導し、未来の世界の良化に貢献すべきである。
 それが、亡くなられた方々への供養になると、私は思う。
https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20190310-567-OYT1T50134.html

玉川氏の発言には、ファシストや共産主義者特有の文化弾圧、言論封殺の匂いがして恐怖さえ感じる。

玉川氏の発言には、ファシストや共産主義者特有の文化弾圧、言論封殺の匂いがして恐怖さえ感じる。
「学生服とセーラー服は軍事由来だから問題だ」と言うが、「制服制度」「詰襟学生服」「軍事由来」が全部ごちゃまぜだ。
【詰襟が問題なら】
●「詰襟」が気に入らないだとすると、玉川氏の来ているスーツ自体が、左襟にボタン穴の名残があるように、胸元を開けた詰襟服の変型判に過ぎないから滑稽だ。
●先ず「詰襟」と「軍服」とは連関性はほぼない。 
寒冷な北方に住むユーラシア大陸東端のツングース、モンゴル人から欧州の白人に至るまでの人類は防寒の為に、石器時代から、詰襟、筒袖の毛皮や綿・麻の衣服を着ていた。
●例えばチーパオ(旗袍)は、今では中国女性の民族服とされていいるが、もともとは旗人(満洲・モンゴル人)の着る詰襟・筒袖の衣服と言う意味しかなかった。
漢民族は日本の着物・羽織袴と同じものを着ていたが北方民族に占領され強制的に切るようになっただけだ。
●ロシアや中央アジアの民族衣装も皆同系統の詰襟、筒袖である。
●近代以降、西欧先進国では詰襟服が、郵便局員、官僚、軍人、警察官、教員、生徒の制服として着用された。それが維新後の日本に西欧文化の一環として移入されただけである。
【セーラー服は当時の西欧の良家の子女の服】
●西欧の王家・貴族の子女でセイラ―服が流行したので、日本のお嬢様養成を目指した私立女子学校が相次いでセイラ―制服を採用した。
●今では、日本のセイラ―服文化が世界に、「可愛い文化」の象徴として広まっており、そこには軍国主義など影も形も存在していない。
【軍事起源が問題なら】
【ネクタイは軍事起源】
●クロアチアの兵士がフランスを訪れた際、首に巻いていたスカーフをフランス国王が気に入ったのが起源だという説が定説。
【その他にも軍事起源のもの】
ダブルブレザー、ピーコート、トレンチコート、缶詰、リュックサック、etc.etcできりがない。兵器でない文化用品を軍事由来だなどとするのは病的だと言わざるを得ない。

燃える人を助けない中国の鉄道警察

燃える人を助けない中国の鉄道警察
スマホの普及で中国では、以前なら不可能だった様々な社会の真実が個人で記録でき拡散されるようになりました。
中国の高速列車がある駅に入ると向かいに止まっている普通列車の端で男が倒れていました。やがて男は燃えだし、もがき苦しんでいます。
普通列車の鉄道警察官は車内から写真を撮るだけで去り救護活動は何もしませんでした。
高速列車内の客たちは怒って、口々に「早く水をかけろ!」「鉄道警察の奴は写真を撮るばかりで何をしているんだ!」「チキショー、警察の野郎!」と大声をあげています。
しかし、窓が開かないので旅客たちは車内でどうする事も出来ず慌てるばかりです。
高速列車の方の鉄道警察は、全く慌てる風も無く「静かにしろ!」と皆に言うだけで皆が「早く助けろ!」と言っても全く無視です。
そして高速列車は何もなかったかのように走り出し現場を離れました。
https://www.youtube.com/watch?v=VaJAOo_ddhU燃える人を助けない中国の鉄道警察

韓・朝鮮民族の歴史系譜。

韓・朝鮮民族の「乗っ取り」「成りすまし」歴史系譜。
①10万年前から1万2千年前までの氷河時代、渤海湾、黄海は陸地で、今の朝鮮半島は凍土平原の高地に過ぎず影も形もなく人も希少であった。
②一方で3万年前には日本列島とユーラシア大陸東海岸部に到達していた我々の祖先のY染色体D系統人は、ここで早くも1万5千年年前には、世界最古の「新石器文化(縄文文化)」を築き先進的な生活をおくっていた。
③1万2千年前に氷河期が終わり海が後退して朝鮮半島が出来でからは、無人に近かったが、一部にいわゆる東夷諸族と縄文人が混住していた。
④8千年前ごろから山東半島と華北平原海岸部の東夷諸族は漢民族の勃興に押されて、朝鮮半島への移住を続けた。
⑤紀元前1000年の周の建国のころ殷商系の漢人が半島へ亡命移住した。以後漢民族の植民地になった。
⑥紀元前3世紀に燕の領地となってからは前漢・後漢・公孫・魏・晋の600年間近く漢民族の正式領地(植民地ではない)で半島南部・東部の雑多な諸部落は属民として中原王朝に服属していた。
⑦その間一貫して、半島南部には「倭人」が居住して優勢な勢力を持っていた。
⑧匈奴、鮮卑、扶余などの北方民族は長年南下をくり返し、漢民族王朝と正面から抗争していたが、日本海沿いの沃祖・濊系の弱小部族は漢民族の領地を避けながら朝鮮半島を南下移住していた。
【初めての韓・朝鮮民族の火事場泥棒の大成功 建国】
⑨西暦316年に、匈奴、鮮卑、姜などの北方民族の大侵入により晋が滅び漢民族は南に逃げ民族滅亡の瀬戸際となった。
その時、朝鮮半島の諸民族は火事場泥棒の最大の好機ととらえ、高句麗が楽浪郡、百済が帯方郡の漢民族都市を侵略し全てを手に入れ建国した。高句麗は元々国家であったが、百済などは全くの火事場泥棒で成りすましの建国であった。
⑩以後、高句麗、百済、新羅(初期の王権は倭人系・漢人系・東夷系・北方系部落の共同)は漢人と漢民族文化をうまく利用して国家を経営した。
 ⑪以上の経緯であるから百済、新羅が大和王朝を大国として敬い人質を差し出して服従し、高句麗がライバルとして半島の覇権を日本と争ったのも当然であった。
⑪今日本人が「高句麗・百済などから朝鮮半島の先進文化をいただいた」などというのは勘違いも甚だしい。
「漢人を伝えた百済人の五経博士王仁」は名の通り、「漢人文化人の王仁が漢民族文化の精華である漢字と儒教を日本に教えた」だけであり大和朝廷が欲したのは漢文化であり朝鮮文化では全くない。
⑫「仏教が朝鮮半島から伝えられた」というのも大嘘である。仏教はインドで発祥し、その梵字経典が中国で漢訳され宗派が成立して、日本に伝わったのである。交通の不便な中でも奈良時代の日本人は危険を冒して中国に渡り、かの地の寺で修業し経典を持ち帰ったのである。
 朝鮮半島は中国や西域・インドの先進文化が日本に伝わる時の「廊下」に過ぎない。文化の創造主でも持ち主でもない。時に運んでくれるが元々彼等の物ではないから「ご苦労様、ありがとう!」と言えば充分なので、恩人として感謝するのはおかしい。
【二回目の韓・朝鮮民族の火事場泥棒の大成功 ライバルを滅ぼす】

アイヌは先住民族ではない!

アイヌは先住民族ではない!
 アイヌ人の男系遺伝子Y染色体は、中国・朝鮮・東南アジア・北アジアにほぼ皆無でアイヌ人・本州人・沖縄人・チベット人のみにあるD系統であるから人種的に言えば、完全に「日本人」です!
 三万年前から列島に入った我々の祖先のY染色体D系統人は列島で1万五千年くらい前に世界最古の新石器文化(縄文土器文化)を花開かせました。
 約1万年間以上続いた縄文時代、日本列島には最多のY染色体D系統人以外にも、ポリネシア系・メラネシア系・ツングース系・東夷系など多様な人種が混在していました。  
 それらの民族は、気候変動や様々な理由で列島内や朝鮮半島南部を大きく移動し混血混住を繰り返し、西日本に数千年間ほとんど人がいなかったことさえあります。北部東北と北海道の渡島半島で草創期の縄文土器が始まりましたがそれが現在のいわゆるアイヌ人と関係があるかは何の証明もありません。
 三千年前位から漢民族の東進におされて東夷諸族が朝鮮半島・日本列島に米文化を携えながら移住し現地の縄文文化人と混住・混血し弥生文化が生まれました。しかし、関東と東北の太平洋岸地帯はおそくまで縄文文化が続き、沖縄諸島と北海道は弥生文化の伝播はわずかでした。
 二千年位前から九州の大和部族が勢力を増し、弥生時代に百余国に別れ戦い興亡を繰り返した列島日本を統一しました。東北は遅れて大和朝廷の版図に入りましたが、北海道と沖縄は遠方に過ぎ、田畑もなかったので朝廷は領土としないできました。
 武士の時代になり隣接する地の武士団は北海道や沖縄に一部渡り様々な関係を築いてきました。
 ※ちなみに、鎌倉市で出土した5000体の鎌倉幕府滅亡時の幕府側戦死者の集団埋葬遺骨の頭骨の形態の殆どが縄文系であったことから、「武家文化」とは縄文文化を受け継いでいたことが明らかにされている。
 以上で明らかのように、アイヌ人と和人は本来は完全ある同族で、そのどちらかに「先後」の関係などありません。
 アイヌ人とはあまりに寒冷地の辺境にいたので先進文化や外国の血が入らなかったので遅れた文化のまま取り残された人々で、我々は様々な外国人を受け入れ文化を発達させてきた人々なだけです。
 
 細かくはさらに言わなければならないことが多くありますが、とりあえず粗々申し上げました。

中国の性事情は、日本とはかなり違う。

中国の性事情は、日本とはかなり違う。
国家指導者も政治・司法・宣伝・洗脳に自己の性行為を利用している。
郭文貴のビデオをご覧ください。その辺のところがうかがえます。
孟建柱:18回政治局員、中央政法委員会書記、元公安部長
楊 瀾:日本の黒柳徹子のように対談番組を持ち社会活動もする中央テレビの著名女子アナウンサー。孟建柱の愛人の中でも代表的な女性。
王 芳:著名歌手、遼寧省でも元々はさほど才能は認められていなかったが、孟建柱の愛人以なって以後、中央テレビに進出し、2014年春節大型歌唱番組では江沢民お気に入りら著名歌手を参加させず大トリを務め地位を確固なものとした。郭文貴の暴露以後、急遽結婚した。遼寧省のトップ政治家も彼女からの電話には起立直立するほどの権権力を振るう。
https://www.youtube.com/watch?v=XhP5hg-cVJo

「日中植林事業」モンゴル族抹殺にも加担

「日中植林事業」モンゴル族抹殺にも加担オルドス3
オルドス1
オルドス2
しています。
例えば、日本による植林事業のメッカの内モンゴルのオルドスは、我々が教科書で見たモンゴル人が放牧する大草原は、砂漠化で消滅し、モンゴル人は土地を取られ追い出されて、住んでいません。
日本の植林事業で利益を受けるのは省市の共産党と取り巻きの事業家、ゴロツキ、貧しい入植者で、全て漢民族です。
写真は日本の植林代表団の歓迎宴でモンゴル民族舞踊を踊った女性が、実は全て漢民族で、モンゴル文化は観光資源として利用しているに過ぎないのに、そこにいた日本人が皆、騙されてモンゴル人だと思っている様子です。

「日中交流事業」という名の中共への献金、悪への加担を止めさせましょう!

山岡鉄秀さんのキャンペーンに賛同(とても簡単です)して安倍首相・外務省に主張を届け、日本と中国、世界の民衆にとって有害な「日中交流事業」という名の中共への献金、悪への加担を止めさせましょう!
 中国の対日交流は全て中国共産党のコントロール下にあります。
①日本政府奨学金公費留学とは、
・中国共産党が敵(日本)の金で「対日工作員を育て、日本の情報を盗み、枢要人物を取り込み日本人を分断する、国内選考での共産党権力誇示、その他沢山」できる、一挙両得どころか一挙十得位ある美味しい事なので、逆に日本を馬鹿にするようになり正常な関係構築を阻害させる悪業です。
②「謎」の日中植林事業とは、
・植林という偽善の名目で、純粋な日本人ボランティアを中共へ献金・朝貢させ中国内での共産党の名声を挙げるプロパガンダ案件。
・日中両国の政治家とブローカー、企業家が、表面上は、自然環境改善の名目、公費で堂々と両国の政権中枢、官庁と共同しながら、その実は、更なる大きな利権をあさる「チンケなゴミ虫どものプラットホーム」なのです。
親中議員とその秘書、周辺の詐欺まがいゴミ虫ブローカー、農林水産省出身国会議員に少しは国民への恐れを感じさせなければなりません。!
以上、乱筆で書きましたが、山岡さんの起こしたキャンペーンに賛同するだけで上記の事に反対の行動をしたことになるのです。
https://www.change.org/p/税金の無駄遣い-中国との無意味な交流事業を中止しよう-ajcn代表-山岡鉄秀-jcn92977110-otb代表-和田憲治-media-otb-署名はこちらからお願いします?recruiter=939340593&utm_source=share_petition&utm_medium=facebook&utm_campaign=psf_combo_share_abi.pacific_post_sap_share_gmail_abi.gmail_abi&recruited_by_id=fbfdd820-3bb4-11e9-9e06-0bc53a0f73a2&fbclid=IwAR0em5998NNT1egl5mN4QQR4yjYVswo6tpHfB9P4mCxpVmm5gJxFEIXc6N4
プロフィール

bokudoart

Author:bokudoart
 幼少より絵を描く事、中国や北方・中央アジアの歴史が大好きであった。大学を卒業し会社勤めのあと中国の美大で水墨人物画を専攻し美術史専攻の大学院にも進み中国の古文献読破に数年間没頭した。以来、約二十年画家・美術団体代表として活動中。中国での生活で、今後の世界における日本の果たすべき歴史的役割を明確に知った。
 1万年以上途切れることなく続いた縄文文化に根差した日本という国の文化の素晴らしさを日本人は自覚し世界にそれを広めなければならない。青学大卒、南京芸大院修

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる