FC2ブログ

習近平国賓来日反対街頭署名活動

習近平国賓来日反対街頭署名活動
2020年1月2日東京・名古屋、3日京都、5日静岡・水戸、11日東京新宿で、中国共産党の独裁政権に反対する日本全国の草の根国民が立ち上がり、習近平国賓来日に反対し街頭で署名活動。
https://www.youtube.com/watch?v=Bxd33zUkHDI
スポンサーサイト



燃える人を助けない中国の鉄道警察

燃える人を助けない中国の鉄道警察
スマホの普及で中国では、以前なら不可能だった様々な社会の真実が個人で記録でき拡散されるようになりました。
中国の高速列車がある駅に入ると向かいに止まっている普通列車の端で男が倒れていました。やがて男は燃えだし、もがき苦しんでいます。
普通列車の鉄道警察官は車内から写真を撮るだけで去り救護活動は何もしませんでした。
高速列車内の客たちは怒って、口々に「早く水をかけろ!」「鉄道警察の奴は写真を撮るばかりで何をしているんだ!」「チキショー、警察の野郎!」と大声をあげています。
しかし、窓が開かないので旅客たちは車内でどうする事も出来ず慌てるばかりです。
高速列車の方の鉄道警察は、全く慌てる風も無く「静かにしろ!」と皆に言うだけで皆が「早く助けろ!」と言っても全く無視です。
そして高速列車は何もなかったかのように走り出し現場を離れました。
https://www.youtube.com/watch?v=VaJAOo_ddhU燃える人を助けない中国の鉄道警察

中国人の食生活の基本

中国系の夫の食事への不満に悩む日本人主婦へ以下のようにコメントしました。

 食やセックスの事は本能に近い問題なので小さいようで夫婦関係にとり重要ですから、少し心配になりましたので以下中国人の食に関しての一般的な情報を申し上げます。
以下が一般的な中国人ですが、そうでない人もいますから、ご主人の食の嗜好を見極められれば、問題は解決し、ピンチがチャンスへ真逆に変化します。
●中国人は海外でも中国料理を優先して食す者が多い。
●普通の中国家庭の中華料理は日本風中華料理より美味しくない(大雑把)の場合が殆ど。
●中華料理は見た目の美しさより量を重視する場合が多い。
●中国男性は、仕事から帰ってから家族のために食事を作るのを嫌がらない者が多くいる。
 ※私の妻の姉の夫は銀行員でしたが喜んで食事を作っていました。妻の姉は堂々と作らせ私のより美味しいと褒めて食べていました。
●中国人は朝は、ワンタン、お粥、雑炊に漬物、肉まん、饅頭(餡のない蒸し)、油条、餅(ピン)などを外の店で食べることが多い。
●北方中国人は麺食(麺は小麦粉の事)、南方中国人は米が主食です。
 日本は米が主食なので、北方中国人は毎日米が続くと我慢が出来なくなります。
 ※中国には小麦の食品は何でもあるので、中華料理でない、インドのナン、イタリアのパスタ、フォッカチオ、韓国のチジミ、西欧のパン、日本のうどん、饅頭、お焼きでも何でも代用できます。
  勿論、肉まん、饅頭(餡のない蒸し)、油条、そば、餅(ピン)、餃子、焼売はベストです。
●中国人は日本人より油を多く使った料理を食べる。
●中国人は海の魚を食べたがらない(特に生は)者もいる。
●中国人は豚肉を良く食べるが、豚足、耳、面の皮も喜んで食べる。
●羊、牛、鳥も喜んで食べる。
●ニワトリの足、手羽、骨付き肉をよく食べる。
●北方中国人は水餃子を主食の一つとしている。
●冷たいものは体を悪くするという昔の考えに拘る者もいる。
●食べ合わせの良し悪しには厳格である。
●変わったもの(日本で言うゲテモノ)カエルや蚕、蛇は精の付くので喜ぶ。
●昔の名残で鶏肉や卵を喜ぶ。
●外食を好むので冷凍品や出来合いの物でも喜ぶ。
以上簡単にご紹介した。
先ずは、ご主人が中華料理好きか、大食漢か、自分で料理をする人か、何処の地方出身かを明確するとよいでしょう。
悪気はなくても細かい気使いは気付かなく人が多いので粗野な言葉には気軽に言い返して下さい。

家族を人質にとられている世界中の中国人

自由を求め海外に出た中国人も、国内の家族が人質に取られていますので、中華系の友人同士でも中国共産党に反対する言論は控えます。外国人には比較的正直に言います。
 彼らが恐れるのは、一旦帰国した時に出国できなくなることです。中国では「人権」というのは無いので権力に盾つく者の末路は誠に惨めです。

「中国人の心の現状」につしての私のフェースブック投稿に対する皆様のご意見

私のフェースブックシェアした下のサイトに対する皆様のご意見をご紹介します。
http://soukai213.com/china-darkness

中国人の道徳観、残念な歴史の為せる業、グローバルな民間教育がもっと広がるといいですね。
いいね!を取り消す · 返信 · 1 · 8月25日 22:17 · 編集済み

溝口さんのコメントの通りだと思っています。〔この内容は、今までずっと聞いてきている、中国の友人達との一対一の対話の中での、嘆きそのものです。彼らは、決して複数人数、また表では言いませんが〕
いいね!を取り消す · 返信 · 3 · 8月25日 19:42

悲惨な過去の影響で、中国人がこのようになってしまうのは、哀しい事ですが、溝口さんは我々日本人はどのように中国と付き合えば良いと思いますか。私は基本的には、中国とは現金取引の商売でのみ付き合い、志を共有する民族では無いと思います。尖閣は何としても守り、防衛はアメリカのみでなく、ロシア、インドと手を組み中国包囲網を構築し、ならず者の中国を閉じ込めるべきと思います。その内、中国は内部から崩壊します。不良債務で身動きできません。金で外国企業を買ってもマネジメントできません。共産党幹部が、ひそかに国外に不正資金を移動させています。
付き合う相手は、ロシア、インド、東南アジア諸国、アフリカ諸国です。欧米は今迄通りて良いですが、ドイツは注意が必要です。がっぽり中国に入りこみ、歴史を振り返っても、信頼できない所があります。
いいね!を取り消す · 返信 · 2 · 8月26日 14:25

溝口 墨道 私はご承知の通りディープに中国の人と付き合っていますが、私は、二つの方向を同時に持たなければいけないと思うのです。それは、一つ目は徳岡さんのおっしゃる通り一般的な場合は相手を余り信じずにほどほどの距離感を持って付き合うことです。もう一つは、ここぞというポイントでは徹底的に深く関わることです。喧嘩も合同も何の遠慮もせずにやりきることです。後者は日本人にとっては困難な道ですが、乗り越えれば大きな収穫を得る可能性が大です。但しそこまで至るには時間もかかるでしょうし、普通の日本人にとっては中国人と深く付き合う「ここぞという時」は殆どないでしょう。
いいね! · 返信 · 3 · 8月27日 8:26 · 編集済み

我々はどうしても標準的な捉えかたで全体を語ってしまうところが有りますが、個人個人で親しく付き合うと其の違いが分かるのでしょうね。・・・とすると真善美をお互い共有できる文化を双方で築き上げていく努力が必要になって来ているように思います。
いいね! · 返信 · 22時間前

溝口 墨道 藤村さんのお考えに激しく賛同します。日本と中韓の問題は、実は本質は文化間、もっと言うならば文明間の衝突で人類に普遍的な問題だと思います。イスラムと西欧文明の衝突も根源の構造は同じだと思います。究極的には世界の人々が同じ哲学なり宗教を持たなければ、もしくは少なくとも相手の宗教・人生美学を良く学習して理解し自己の哲学・美学を開放的で寛容にしなければ誤解を解く事でさえ不可能でしょう。私は中国の方と厳しい論争する場合もありますが、一番注意するのはその人が立場・生い立ちによって現在持っている人生美学に合わせて私が言い方・いう内容を少し修正することです。そうしなければ話を相手の耳に入れることさえできず心を動かすことなど不可能だからです。相手の心に言葉が届いたなと感じた時は、相手に私の意見が尊重され、同時に平和に論争が終結してしまうのが殆どです。それは個別の体験ですが、いずれにしても「真善美をお互いに共有できる文化」の構築こそが大背景として絶対に必要でしょう。そういうことこそが21世紀に日本がなすべきことではないでしょうか?
いいね! · 返信 · 3分前 · 編集済み
プロフィール

bokudoart

Author:bokudoart
 幼少より絵を描く事、中国や北方・中央アジアの歴史が大好きであった。大学を卒業し会社勤めのあと中国の美大で水墨人物画を専攻し美術史専攻の大学院にも進み中国の古文献読破に数年間没頭した。以来、約二十年画家・美術団体代表として活動中。中国での生活で、今後の世界における日本の果たすべき歴史的役割を明確に知った。
 1万年以上途切れることなく続いた縄文文化に根差した日本という国の文化の素晴らしさを日本人は自覚し世界にそれを広めなければならない。青学大卒、南京芸大院修

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる