FC2ブログ

日大アメフト部の学生とお父さんが、対決している首謀者たち

日大の「広報部?」が責任を全て学生に被せる発表をした。いよいよ本性を現した。学生とお父さんが対決しているのは以下の人々です。
※日大を牛耳る実権幹部
●田中英壽理事長:日本オリンピック委員会副会長、国際相撲連盟会長、日本相撲連盟副会長などを歴任、東西の暴力団組長と親密な交際で知られ、理事長選挙時に力を借りた疑惑が取りざたされるなど、夫婦で強権的に日大を運営。
●井ノ口忠男理事:日大アメフト部出身。コーチ。㈱日大事業部代表、田中理事長の子飼いとして大学の施設・業務一切を取り仕切る。業者にキックバックを強要、医学部裏口入学を企画し逮捕、示談成立など醜聞が絶えない。選手時代,、今回の選手と同じラインバッカ―として関学大をほぼ完封したスター。
 理事長婦人と懇意の実姉が経営する広告代理店の企画を日大広報は全て丸呑。息子の井ノ口悠剛も日大アメフト部のコーチ。
 今回の選手に反則を直接指令した井上奨コーチは、日大アメフト部時代にホモビデオに出演し報道されたにもかかわらず、井ノ口理事が日大に裏就職、日大豊山校アメフト部監督にさせ、両親も井ノ口氏の自社ビルで洋菓子店を経営、その菓子が日大で販売されているなど井ノ口氏の子飼い。
●内山正人常務理事(人事担当):田中理事長に気に入られ№2になった。運動部を束ねる保健体育審議会局長、人事部長を兼務。非常勤講師数十名を四年契約終了前の二年で解雇し、教授でさえ「独裁者」と恐れるほど人事を一手に握るので職員でものを言える者はいない。日大豊山校、日大アメフト部出身、2003年監督就任、元関東学連強化委員会委員。
https://www.msn.com/ja-jp/news/sports/「%EF%BD%91%EF%BD%82をつぶせ」は「思い切って当たれ。試合前によく使う言葉」日大広報部がコメント/ar-AAxDhQb?li=BBfTvMA&ocid=spartanntp
スポンサーサイト



春一番が吹いた。

春一番、佐倉高校の桜が開き始めた。

Posted by 溝口 墨道 on 2016年2月13日
プロフィール

bokudoart

Author:bokudoart
 幼少より絵を描く事、中国や北方・中央アジアの歴史が大好きであった。大学を卒業し会社勤めのあと中国の美大で水墨人物画を専攻し美術史専攻の大学院にも進み中国の古文献読破に数年間没頭した。以来、約二十年画家・美術団体代表として活動中。中国での生活で、今後の世界における日本の果たすべき歴史的役割を明確に知った。
 1万年以上途切れることなく続いた縄文文化に根差した日本という国の文化の素晴らしさを日本人は自覚し世界にそれを広めなければならない。青学大卒、南京芸大院修

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる