FC2ブログ

4月3日に熱海の興亜観音で書画奉納を行います。

私は4月3日(火)13:00~、熱海の「興亜観音」で書画奉納をさせていただきます。
「興亜観音」は、特別な霊山です。
 それは、旧陸軍きってのアジア共生主義者の中国通、人格者として人望の厚かった松井石根大将が、図らずも上海方面の総司令官となり南京を攻略し退役した後、日中両国の戦死した兵士の成仏を祈願するために中国の土を用い観音像を焼成し熱海に安置、戦後戦犯として拘留されるまで毎日登山して読経・祈願をし、以後現在に至るまで伊丹師親子により70年間絶やさず真心の法灯がつながれてきたからです。
 更に、東京裁判後に殉国七士の遺骨が秘密りに納められとことがその意味を確たるものとしました。
 私は、そこへお参りするようになってまだ日は浅いですが、自身の生き方が良い方へ大きく変わる霊験を実感しています。
 今回の奉納ではなくても、是非多くの方に興亜観音にお参りしていただき、その霊力を実感していただけますことをお祈りします。

興亜観音へのアクセスは以下の通りです。

所在地:静岡県熱海市伊豆山1136  電話:0557‐80‐0738
【列車で熱海駅へお越しの方】
① 伊豆山行きバス(のりば⑨20~30分毎)で 終点伊豆山下車、徒歩登坂20分。  
② タクシー(料金約1200円)で中腹の山門前下車、徒歩登坂10分。
【お車でお越しの方】
中腹の駐車スペースは5台のみですので事前に電話0557‐80‐0738でご確認下さい。
又は熱海駅前の駐車場をご利用され駅からバスまたはタクシーをご利用ください。

【興亜観音に関しては以下をご覧ください】
興亜観音ホームページ http://www.koakannon.org/
ウイキぺデイア興亜観音 https://ja.wikipedia.org/wiki/
興亜観音興亜観音揮毫チラシ
スポンサーサイト

NHKは占領軍の奴隷となって日本人洗脳の走狗となったことを謝罪すべき!


『真相はかうだ』という世界的に見ても最もおぞましい部類に入る番組がNHKラジオ第1と第2(当時の日本国民皆が聞いたと同義)の同時放送で昭和20年12月から再放送を含めほぼ毎日のように放送された。
 脚本作成は占領軍民間情報教育局ラジオ課の米国人たちで、ドキュメンタリーを装ったドラマ仕立ての日本人洗脳番組であった。その目的は「各層の日本人に、彼らの敗北と戦争に対する罪、現在及び将来の苦難と窮乏に対する軍国主義者の責任、連合国の軍事占領の理由と目的を、周知徹底せしめること」であった。 
 作者が隠されていたため、嘘ばかりの内容に驚いた国民による抗議の手紙・電話がNHKへ殺到した。
 狡猾な占領軍は、抗議や非難などを取り入れてより効果的に日本人を洗脳できる『眞相箱』『質問箱』という番組に変え昭和23年まで放送した。
 当時の占領下のNHKの職員は反対すれば辞職するしかなく生活のため仕方なくではあるが、GHQが堂々と洗脳と標榜する放送を行ったのは日本人に対する敵対的犯罪行為であった。 
 その犯罪行為を正当化するためか、NHKは今でも、朝ドラの主演者に戦時中の愛国を反省させたり、天皇陛下を戦争責任で裁くような放送を続けている。
 それらは一見、客観的な視点による利他の善行を装っているが、本質はNHKの保身を目的とした独善で利己的なプロパガンダである。 

 NHKは何よりもまず先に「『真相はこうだ』を作らされた真相はこうだ!」という番組を制作し放送すべきである。そして過去現在未来の全ての日本人に謝罪するべきである。

 それができなければ、NHKは解体し別な新しい組織としてすべきである
 
 今その台本『真相はかうだ』(聯合國最高司令部民間情報教育局編)は国立国会図書館の近代デジタルライブラリーでネット上で公開されている。→











国立国会図書館デジタルコレクション - 真相はかうだ. 第1輯

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。   Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。



dl.ndl.go.jp

プロフィール

bokudoart

Author:bokudoart
 幼少より絵を描く事、中国や北方・中央アジアの歴史が大好きであった。大学を卒業し会社勤めのあと中国の美大で水墨人物画を専攻し美術史専攻の大学院にも進み中国の古文献読破に数年間没頭した。以来、約二十年画家・美術団体代表として活動中。中国での生活で、今後の世界における日本の果たすべき歴史的役割を明確に知った。
 1万年以上途切れることなく続いた縄文文化に根差した日本という国の文化の素晴らしさを日本人は自覚し世界にそれを広めなければならない。青学大卒、南京芸大院修

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる