FC2ブログ

「共産主義」「全体主義」や過度の「個人崇拝」はイデオロギーや宗教の問題というよりは、伝染性の精神疾患(病気)の一種の問題ではないか

私は、誹謗中傷でなく、「共産主義」「全体主義」や過度の「個人崇拝」はイデオロギーや宗教の問題というよりは、伝染性の精神疾患(病気)の一種の問題ではないかと思うようになってきた。考えた経緯を以下に説明する。
私は、最近、一生を共産党活動にささげ孤独死した老人男性の家の整理を経験した。家族に遺品の引き取りを拒否された彼の部屋の中は大量の共産主義関係書物で埋まっていた。
 全集では『資本論(違う出版年、出版社で少なくとも3セット)』『レーニン十巻選集』『日本プロレタリア文学集』『マルクスエンゲルス全集(52冊)』『小林多喜二全集』等が数百巻、「宮本顕治」「不破哲三」他の左翼人の単行・セット本が数百冊、更に雑誌の『前衛』『民主文学』『経済』『文化評論』等が40年位分千冊以上、そして追い打ちは新聞『赤旗』が何十年分か千部以上あるから、合計で数千点もある。
 正しく部屋中が「共産」「マルクス・レーニン」の文字で埋まり、おまけに「不破哲三」選挙運動タスキまでドーンを掛けてあるので、部屋に入ると頭がクラクラしてくる。
 手帳や領収書に50年以上の党員の活動が几帳面に記録されている。有名大学卒業だが故郷の親族が、葬儀・遺品の引き取り等を一切断った文字通りの孤独死だが、母親の写真と位牌だけは丁重に飾ってあった。
 私は、彼の人生を思い、悲しくなり、彼を哀れに思った。
 そんな人生が幸せなわけがない。
 人生がそんなようで良いわけがない。
 私はふと、「創価学会員」の家を思い浮かべた。彼等の家も創価学会関連の書物が大量にあり、池田大作氏の著書や『大百蓮華』「聖教新聞」「公明新聞」のバックナンバーで埋まっているだろう。
 学会員では仏壇が中心だろうが、共産党員の家では『資本論』と不破哲三の選挙用タスキが中心に置かれていたのが違うだけと感じた。両者ともに、家族との関係がおかしくなっているのは同じであろう。
そして更に、創価学会・公明党と中国共産党は非常に仲が良く最近も交流し、創価大学には周恩来の碑まであるのと、過去の池田大作・宮本顕治対談、創共協定、池田大作のソ連、東独、ルーマニアなどの社会主義礼賛、学会員にマスゲーム強制などを思い起こした。
すると、共産主義者と池田教教徒には以下のような共通の心理作用がある事に気が付いた。
【共産党員と創価学会員の似ている点】
① 独裁的指導者の書いた教義のみを聖典として信じ、現実を見ない事。
※ 例えば中国共産党が5千万人、ソ連共産党が2千万人国民を不正常に死なせ、少数民族を虐殺し、指導者のみが民衆から挑発した富を貯め優雅に暮していること。
② その信条を持った「瞬間」、それを持たない者を見下し自分が指導する立場だと考えるようになる。
③ セクト主義になり「国家内国家」を意識し、自分の頭で考えず、「言葉狩り」「忠誠心競争」に勤しむ。
④ 常に他人からどう見られるかを気にし、自己と他人を欺くため、偽善の活動を行う。
⑤ 敵対する者にレッテルを張りその死を願い喜ぶ。例えば創価学会では池田大作に敵対する者。共産党では反対する者。
⑥ 自己の目的達成のため、例えば創価学会では広宣流布、共産党では世界の共産主義化のためには、嘘や捏造は許されるし、むしろ推奨される。法律を無視でき全てが自由自在となる。
以上は、ドイツのヒトラーの個人崇拝、ナチスのファシズムや一部の宗教も同じで、世界中いたるところで大小様々にある。
【彼らが病人である理由】
私はそれは一種の精神的な病であると思う。その理由は。
① 多くの自国民を殺し、地域や家族の絆を断つなど、明らかに自己破滅へと進むのは、人類にとり異常である。
② 事実に基ずく正当な反論を加えられると、激高し暴力的になる。
③自分の言説の矛盾、異常さには自分で気が付かない。
④ 正常な判断を有する人々を憎み、それが滅亡するまで攻撃を止めようとはしない。
等である。
【正常な精神とは】 
① 事実を認め、客観的に思考し間違いは改める。一つの思想に固定しない勇気を持つ。
② 自分と他者を平等と思う。
③ 個人崇拝をせず、全ての人を平等に扱う。
④ 自分の頭でものを考え、自分の言葉で自由に発言をする。
⑤ 捏造せず、嘘は言わないようにする。
【感染的精神病者にどう対処するか】
① 彼等に愛情を持ちながらも、結絶を恐れず毅然とした態度で捏造や嘘、侮辱に反論し一歩も引かない。
② 粘り強く、正論、事実を説く言論戦を継続する。
③ 彼等より多い情報を用いる情報戦を継続する。
④ 暴力的な攻撃にはそれを上回る強い暴力で返せる準備を怠らず、適時に十分な反撃をする。
⑤ 彼等が正常な精神を回復できるよう祈り、彼等の回復のの努力に手を貸す。
取りあえず以上で終わる。
スポンサーサイト

郭文貴放送 2019年6月19日 6月21日にもう一度香港の街頭デモを生放送することに関して

郭文貴放送 2019年6月19日 6月21日にもう一度香港の街頭デモを生放送することに関して

昨日、香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が、「逃亡犯条例」抗議デモについて、「心からの謝罪」を表明した。
はじめて中国共産党が頭を下げてきたのだ。
西側のメディアはほぼ沈黙である。さっき私の友人たちは怒っていた。中国のメディアなどは取り上げる価値もない。全くのインチキだから。
今回の行動うの重大な意義とは、小さな香港が「藍金黄(特定の対象者を名誉・金・女で買収し脅す)」工作や様々な利益供与にたいして戦う姿を見せてくれたことである。
 6月6日9日の香港でのデモで最も重要なことは、全世界に香港人の偉大さを示したことである。
中国人と亜細亜人の民主的資質を示し面子を保ってくれた。とても尊敬する。
第二に、今回のデモに見られる香港人の自信である。天安門事件、香港回帰、香港の政界が中共の乗っ取られた時にも香港人は黙っていた。かれらは本当に中共を恐れ、自分には自信がなかった。しかし今回は違う。
香港人は中国人、アジア人の自信を表現したのだ。
香港人が文明人の規範を見せた。だから中国も規範規則がある国に変われば、今の10歳の子供は同じような文明人になれるのだ。
更には「を以て国を治める」「謀略を以て国を治める」「嘘を以て国を治める」「警を以て国を治める」を信じるようになった。
皆さん見て見なさい。今回香港では平服でスニーカーを履いた警察官が香港市民を逮捕している。
チベットウイグルにつづいて台湾がどのようになるかを、今回の事で台湾や華人、世界の人たちは見たのである。
今回、中共の外交部は200万人のデモを33万人として何と言ったであろうかを。
1989年6月4日、中共は学生運動を、暴動、動乱とし発表する一方で、戦車で鎮圧した。

中共の近期目標はG20で大きな交易をし自分が大きな利益を得ることなのである。そのためにロシア、北朝鮮に行ったのである。 

ただ面子があるだけで、真相などはないのである。
それが防護壁で、防護壁がなくなれば中共などは裸でさえなく死体となるのみである。
彼等には防護壁と警察しかないのである。
私は欧州の媒体に何度も繰り返して言っているが、中共というのは中南海の何人かだけなのである。
只、国民が手をあげ立上ったり時、香港でのように、彼らは皆、逃げ出すのである。
香港の街頭抗議デモが西欧に教えたことは、「共産党は、固い決意の行動のみに反応し、温厚な話し合いには何も反応しない」ことである。
中国共産党が、如何に世界中の隅々まで宣伝しようとも、
「只、貴方の決意が中国共産党より固ければ、必ず勝てる!」
「只、貴方が中国共産党を恐れないならば、必ず勝てる!」
 「百パーセント、我々は勝てる!」
暴露革命が始まってから2年、上天の守りとしか思えないようなことが次々と起こり今に至っている。
上天は我々の側にいる。
それを信じないで、何の戦友か!

人民日報が「わーい、トランプ大統領がら電話が来た!」と喜んで報道している。
何の冗談か!
「台湾を徹底的に支持するべきである」
「2020年の選挙を中国共産党がコントロールできないようにすることを保証する」
「台湾人民にもっと多くの国際貢献をしてもらう。」
「絶対に国連(連合国)だ何だと言ってはいけない!国連などは精神病だ!トランプ大統領の言っているように国連は改革しなければ絶対にダメだ!」
「台湾が今のようなままでよいはずがない。世界のメディアを含めて、新しい規範で台湾に対さなければならない。」

巨大な力量、全世界の力量が共産党を滅ぼす目的で一致し始めた。
正義は、我々の側にある。
どれだけ大きな事なのだろうか。
もはや6月6日以前の世界に戻ることはできない!

6月20日彼らはいろいろな音をするが
それらは皆絶対に失敗する。

皆さん、絶対に、万が一にも、郭文貴が凄いだの偉いだの言わないでほしい。
「中国共産党を滅ぼす!」ことが何よりも重要なのだ!
それ以外のことは全く重要ではない。

欧米の友人たちにも言っているが、我々の暴露革命への支持や、将来の中国の政治権力構想やそのための秘密行動などは全く必要ない、必要なのは、今、中共を滅ぼす事だけだ。
それだけを皆考え行動しよう!
中共が滅んだら、我々の活動は全部、解消する。
我々の団体も消滅するのだ。

私は昨日も欧州の友人に言ったのだが、
「もしも、もしもだが、私、郭文貴が死ねば中共が滅亡するのであれば、私は喜んで直ちに死ぬ。」「もしも私が死ぬ同じ日に中共が滅亡すると決まっているのならば、私は今直ちに死ぬ!」「もしも私が地獄の業火に焼かれ永遠に苦しめば、中共が滅亡するのならば、私は直ちに地獄の業火に焼かれる。」
これが、私の欲しい事なのだ。他は何もいらない!
「功を奪う」「賞を奪う」「偽を作る」「詐欺」が中共の特に好むものなのである。
中共は何でも自分がやったことにする。香港での200万人デモについても、あれは、アメリカ帝国主義に反対する香港人民のデモだとする。それこそ人類最大の笑い話だ!
今回の香港のデモでの有る議員の態度は謙虚で本当に素晴らしい。彼の発言に対して五毛族などが非常にたくさん批判しているが彼のは端然として変わらない。五毛族の言うことは当然悪い事だが、我々は五毛族に批判されることこそを勲章としなければならない。
私が恐れるのは、我々の暴露革命が詐欺活動になる事である。楊某の設立したような組織、東京の暴露協会、郭宝勝の後援会、張某の会などはみな詐欺ではないか!
我々はそうではあってはならない。人に褒めてもらいたがったり、お金を求めてはならない。もしそうなら我々の暴露革命はとっくになくなっていたのである。
「どうか戦友たちよ。“私”という字を忘れてください!ただ“無私”であって始めて我々の活動は成り立つ。また“無利”でもなければならない。」「」
「ただ一つ、“共産党を滅亡させる”の一筋である」
6月4日から昨日までの法治基金への寄付は開始以来最多であった。
私は皆さんに、責任を持って言う。香港に関する最も重要な情報は、香港の戦友たちとの交流を含む現場の把握である。
私は香港の皆さんに感謝する。皆さんからいただいたメール等は安全に保存してある。
暴露革命が成功し共産党が崩壊した時、ヒマラヤ大使館に貴方方のメールも飾られる。
香港からの寄付も全てきれいに表装して張り出す、既にできている。
香港の警察の友人たち、皆さんのカメラの前での表現、カメラの後での保護、本当に感謝します。
さすがに香港人、香港の警察の資質は非常に高い!
皆さんの知っていいる通り、以前私が香港にいた当時、

私は本当に希望するのは、中国共産党が我々の思想と道徳を何十年も壊してきたことを、努力して捨て去り綺麗になるようにすることで、我々は徳を得て、ヒマラヤの成功につながるのである。

昨日と今日、アメリカの友人が私に、私は貴方の活動に参加する資格はないと言ってきた。私は不思議なので何故かと聞くと。「貴方が本当に共産党を滅亡させることが出来るとは信じていなかったからだ。だから私には資格はない。」と言ったのだ。
これほど高水準の人が、そう言ったこと。それに香港で救急車でけが人を運ぶとき、私は人生で、大金を儲けた時も感じたことがない、非常な喜びを感じるのである。
名声、金銭、利益に対する欲望が全くないような、このことこそが、私を最も幸福にする。

私の名前と香港の誰かと関係するかのように言うのは止めてください。

6月21日の大戦役はまだ始まっていない!
何故、我々はイラクへ行かないで、香港に行き香港を助けるのか?
香港は同胞だからである。
かつて香港がどれだけ私を助けてくれたか!
かつて台湾がどれだけ私を助けてくれたか!
続いて、皆さんにはより多くの活動の空間があるのです。焦る必要はないです。
6月21日の大戦役はまだ始まっていない!
香港人は放棄できますか?
本当に以前の独立した法治社会に戻り、本当の意味での「港人治港。香港人が香港を治める」、国際的な独立した金融地位、戻るまことをあきらめるかどうかなのです。
まさに「生か死の時」なのです。

だから親愛なる戦友たち、現在「毎秒、毎分、毎時」に中国共産党は巨大な力量で、香港を改変しようとしているのである。
今、香港の全ての議員たちは中国共産党により買収、ハニートラップ、名誉表彰の工作と、縛り上げての暴力的脅しを受けているのである。

G20での協議がどうであろうと、アメリカの姿勢は変わらないのである。アメリカの良い所は法律により事が運ぶことである。

香港の皆さん、皆さんの行動により皆さんは世界中からの尊重を勝ち取りました。私の感激は尽きません。

最後に一言、永遠に忘れないでください。「共産党を信じるな!」
全ては始まったばかり。
謝謝!

第一章 自分のために存在する周囲   001「大丈夫!」という時が日本と違う

第一章 自分のために存在する周囲
001「大丈夫!」という時が日本と違う
 日本と中国では「大丈夫!」を違う範囲で使う。
 中国で商店に入り、商品を買うかどうか迷っている時、店員は決まって「没問題、没問題!(メイウェンティ=大丈夫の意)」と言う。大丈夫かどうかは私だけが分かり店員にはわからないにもかかわらず「大丈夫!」を気楽に連発する。
 その商品を買って困るのは客なのに、売る側が先に客の心に乗り込んで、「大丈夫!大丈夫!」というのは如何にも理不尽に感じ腹がった。もしも買った商品に問題があってもその店員が責任を取ることはないにもかかわらずだ。
 しかし、中国では買い物が一種の騙し合いというか駆け引きだと分かってからは受け流せるようになった。逆にどのような商品でも先ずは偽物ではないかと疑うことにより話がかみ合い交渉がスムーズに進むようになった。
 勿論、彼らは他人の事はすぐに大丈夫、大丈夫というが、自分の事は殊更に心配し自分の権利が守られるかどうかはしつこく確認する。
 それは、店員だけではなく、極端に言えば家族に対してでもそうで、相手の事は軽視して、自分の事をとても大事にするという傾向は日本人よりはるかにある。「大丈夫!」という時が日本と違う

来年からは6月4日は新しい「中国連邦国」の建国記念日となる

来年からは6月4日は新しい「中国連邦国」の建国記念日となる
いまだに、「米中経済対立」だと思っている方に見ていただきたいので、以下に昨日の郭文貴の放送の邦訳を載せます。
「ポンぺオの6,4天安門事件記念演説は素晴らしいものであった。あの日天安門で共産党に殺された全ての人は全て英雄だと言ったのである。私は本当に感動した。アメリカ政府が初めて天安門事件が「大虐殺」であったことを宣言してくれたのである。ポンぺオは、あらかじめ用意された原稿を、更に激しく中共を責める内容に自ら書き換えたらしい。今や、ワシントン、ニューヨークの政界、メディア界、経済界のどこでも反共の者で一杯になった。親共産党の者の居場所はなくなり排除されてしまう。私が暴露革命を始めた二年前には考えもつかなかったし、半年前でも全く状況は違っていた。
その頃は私の講演は中共の圧力で取り消され、弁護士の事務所の500台のパソコンの全てがハッカー攻撃で使用不能になり、誰も私の言うことに耳をかたむけず、私は孤軍奮闘であった。しかし今は全く違うのだ。目の前に見えるホワイトハウス(公園を隔てて数百メートル)でもどこでも皆、同じ考えなのだ。
昨日の夜半、金融界の大物たちが来て香港の状況がどうなるかを聞いてきた。私は「6月9日以降、香港ドルはどんどん暴落して行きつくまで行くだろう。人民元もそれと共に暴落するだろう。正に大暴落だ。」と答えた。
昨日は友達と最後の6,4学生虐殺を追悼記念しての食事会をした。来年からは6月4日は新しい「中国連邦国」の建国記念日となるのだ。
アメリカでは私は「共産党の撲滅者郭文貴」と呼ばれている。皆さんもそう呼んでくれると嬉しいな。
また、昨日の昼は、中共中央の指示で私を攻撃している在米の偽民主活動家たちを、私が訴えているた裁判に出廷した。その前に向こうは、負けを認め1ドル払うから調停にしてくれと言ってきた。ネットで偉そうにしているのとは違いとてもかわいそうな様子で謝ってきた。しかし、私は断固ととして断った。それは、いかに中共が卑怯な手段で、国内、国外で人を脅迫して、自分の手先にかえて使うかを、法廷で世界中に対して明らかにするためである。
一日の内に自家用ジェットに10人乗せ移動し、昼は裁判所で最低人格の奴らと数時間話をし、夜は最高人格の同志たちと共産党を滅ぼすための話し合いをする。このような生活に、私は大変満足している。とても幸せで充実している。
今、幾つかの国が香港の政府関係者を調査している。香港のいくつかの企業が制裁されるだろう。
その他の重要な事だが、王健氏の謀殺事件についてだが、やっとアメリカの司法部門が動き出した。王氏がどのようにして死んだか、彼の金は何処に行ったか、必ず明らかになる。王氏の奥さん。司法部門が行きますよ。
今日はここまで、全ては始まったばかり。」
以上です。
https://www.youtube.com/watch?v=E0lcdailVfg&feature=share

5月26日郭文貴放送 2020年6月4日は新しい中国の建国記念日になる!!

二年前に開始した郭文貴のアメリカでの「暴露革命」は偉大な結果を出し続けているが、ついに最終党争に入りつつある。
彼は言う。
「今日は2019年5月26日です。今年ももうすぐ記念日6,4(1989年6月4日の天安門学生大虐殺日)が来ます。
今年、2019年の6月4日は、最後の天安門学生虐殺記念日となります。
来年、2020年の6月4日は、新中国の建国記念日となるでしょう。中国共産党が地球上から消滅するのです。
また、偽民主活動家共が民を騙せる最後の日々でもある。
戦友たちよ、前のアメリカのペンス副大統領の演説を、よく覚えておいて下さい。
そしてこれからのワシントンとニューヨークの金融界及び各界の大物たちの、未だかつてなかったような演説と態度表明を、気を付けて注視してください。
全ては。始まったばかりです。」
日本人は彼をよく見なければならない。
郭文貴1

プロフィール

bokudoart

Author:bokudoart
 幼少より絵を描く事、中国や北方・中央アジアの歴史が大好きであった。大学を卒業し会社勤めのあと中国の美大で水墨人物画を専攻し美術史専攻の大学院にも進み中国の古文献読破に数年間没頭した。以来、約二十年画家・美術団体代表として活動中。中国での生活で、今後の世界における日本の果たすべき歴史的役割を明確に知った。
 1万年以上途切れることなく続いた縄文文化に根差した日本という国の文化の素晴らしさを日本人は自覚し世界にそれを広めなければならない。青学大卒、南京芸大院修

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる